Top

Integoの機能拡張がmacOS High Sierra 10.13にブロックされる

macOS 10.13 High Sierraに初めてIntegoのソフトウェアをインストールあるいは実行すると、次のような警告が表示されることがあります:

skeljpinstallalert.png

 

上記の警告が表示されるのは正常な状態ですので、心配する必要はありません。では、なぜ、このような警告が表示されるかについて、説明させていただきます。


システム機能拡張とHigh Sierra

macOS 10.13 High Sierraは、Apple純正以外のカーネル機能拡張が新たにインストールされてシステムに読み込まれる前に必ずユーザによる許可を必要とする、以前のシステムには搭載されていなかった新しいセキュリティ機能を搭載しています。 注意: 既存のシステムをmacOS High Sierraにアップグレードした場合は、アップグレード以前からインストールされて正常に動作していたApple純正以外のカーネル機能拡張は自動的に有効となるので、前出の警告は表示されません。

カーネル機能拡張は、オペレーティングシステムの中心的な部分に読み込まれるプログラムです。カーネル機能拡張が読み込まれることによって、通常のソフトウェアでは実現できない動作や、通常のソフトウェアでは利用できないオペレーティングシステムの機能の利用が許可されます。Integoのソフトウェアは、お使いのMacを問題なく保護しセキュリティを提供するために、カーネル機能拡張を使用しています。


High SierraでIntegoのカーネル機能拡張を許可する

Integoのソフトウェアが表示した下図のような警告ウインドウ内の「システム環境設定でセキュリティとプライバシーを開く」 をクリックしてください:

skeljpvbalert.png

あるいは、VirusBarrierを起動しても上記の警告が表示されずVirusBarrierがいつまで待っても開かない場合は、システム環境設定 > セキュリティとプライバシー > 一般 を開きます:

sysprefmenujp.png

syspref1jp.png

 

続いて、左下に表示された錠前アイコンをクリックし、お使いのMacの管理者パスワードを入力して設定の変更を許可してください。

syspre2jp.pngunlocksysprefjp.png

 

下図の 許可 ボタンをクリックして、Integoのカーネル機能拡張の読み込みを許可してください。
syspref3.png

 

お使いのIntegoのソフトウェアへ戻り、続ける をクリックしてアプリケーションをアクティベートしてください。下図の警告が表示されなかった場合は、Macを再起動して再度VirusBarrierを起動して違いがあるかお試しください。

skeljpvbcontinue.png

 

-以上-

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント