Top

VirusBarrier X6でSkypeがポートを使おうとしているという警告が頻繁に出ます。止められますか?

VirusBarrier X6では、お使いのMacにインストールされたアプリケーション毎にインターネットおよびローカルネットワークの利用を制御できます。ファイアウォール設定で一般的なネットワークの利用を許可していても、特定のアプリケーションがネットワークを利用しようとした際にVirusBarrier X6がどのように反応するかをスパイウェア対策で設定できます。基本的な設定は、次の2つとなります:

  • 特定のアプリケーションによるインターネットの利用を許可あるいは禁止する。
  • アプリケーションが知らない間にネットワークに接続しようとした際、VirusBarrier X6が通信を一時停止し、警告を出し、通信を許可するかブロックするかのユーザによる判断を仰ぎます。

お使いのMacには、ウェブブラウザ、電子メールソフト、FTP(ファイル転送)プログラム、インスタントメッセンジャーなどのインターネットや他のネットワークを使う多くのアプリケーションがインストールされています。中には、プログラムに登録されているシリアル番号を確認したり、個人情報を収集して送出したり、ハッカーや犯罪者のためにバックドアを開くために、ユーザに知らせずにネットワークに接続するアプリケーションもあります。VirusBarrier X6では、このような場合に下図のような警告を出してユーザの判断を仰ぐことができます。

 

Skypeが自由にインターネットを利用するのが嫌な場合は、アプリケーションが正常に動作するために必要な最低限のポート番号の一覧をSkypeから入手して、それらのポートだけを許可してください。

Skypeに自由にインターネットを使わせてよいと考える場合は、次の操作を行ってください。

VirusBarrier X6を開いてウインドウ上部のプライバシーボタンをクリックし、そのしたん表示されたアンチスパイウェアタブをクリックします。ウインドウの左に表示された一覧からSkypeを選びます。下図のように、右に表示された一覧の「定義されていないポートの動作」を「外部への接続を許可」に設定してください。

 

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント