Top

ContentBarrierが検索結果をYahooligansに転送します

まず、該当するユーザを「制限なし」にしているか確認ください。

それでも転送される場合は、以下の内容をお試しください:

ご指摘の転送は、お使いのウェブブラウザのキャッシュに起因した現象と思われます。フィルタリングが有効だと、ContentBarrierがお使いのウェブブラウザに対する「転送命令」を含むHTMLページを開きます。お使いのウェブブラウザは、このページを「キャッシュ」に保管し、次に該当ページが開かれた時には新たにインターネットから読み込むのではなく、起動ディスク上のキャッシュからページを再読み込みします。すると、Yahooligansへの転送命令が再度実行されるのです。

Safariでは、バージョンによって異なりますがSafariメニューから「キャッシュを空にする」か、このメニューがない場合は環境設定の「詳細」画面で「メニューバーに開発メニューを表示」をチェックし、表示された開発メニューからキャッシュを空にすることができます。これで該当ページがキャッシュから除去されるので、Safariを終了してMacを再起動してから違いがあるかお試しください。

その他のウェブブラウザでも同様に、キャッシュを空にするメニューあるいはオプションが存在するのが普通です。

ウェブブラウザのキャッシュは、比較的通信速度が遅い環境でインターネットの閲覧を高速化するために用意されています。これはインターネットからページのデータをダウンロードするよりも、ハードディスク上のファイルから読み込んだ方が早い場合があるからですが、最近の高速な通信環境ではキャッシュの効果は少ないと思われます。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント