Top

ContentBarrierがHTTPS接続をブロックします。

ContentBarrierには、HTTPS接続(セキュア接続)をブロックする設定があります。この設定が有効だと、HTTPS接続をブロックした際に下図のような警告が表示されることがあります。

 

この設定をHTTPS接続を許可に変更したい場合は、次の手順で操作してください:

1. ContentBarrierを開き、左に表示された保護されているプロフィールを選択してください。

2. ウインドウ左上の「構成」をクリックしてください。

3. 「ブロックするサイト」タブをクリックしてください。

4. 「暗号化されたウェブサイト(HTTPS)をブロックする」のチェックを外してください。

5. これでHTTPSプロコトルでの接続が利用できるようになります。

 

注意: HTTPS接続は、暗号化されたプロトコルです。そのためContentBarrierで暗号化されたサイトのデータを分析することはできません。

監視用アカウントを使っていて、暗号化されたサイトを利用する必要がある場合、該当ウェブサイトを利用しようとした際にブロックを解除するためのメッセージが表示されます。その時は、ContentBarrierに設定されているパスワードが必要です。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント