Top

Personal Backupがハードリンクを作成できません。どうしたら良いですか?

お使いの環境によっては、バックアップの作成先のディスクがハードリンクに対応していないことがあります。可能であれば、ディスクをハードリンクに対応した形式でフォーマットし直してください。 ただしHFS+ディスクは、標準のWindowsコンピュータでは使えませんのでご注意ください。

もう1つの方法は、ディスクイメージの利用です。作成先を選び、下図のようなコピー先の編集画面で種類としてディスクイメージを指定し、名前を入力して選択ボタンをクリックします。

 

 

注意: 上図は、Personal Backup X8の画面です。他のバージョンのPersonal Backupの場合は、コピー先にディスクイメージを指定する方法が異なることがあります。

 

ディスクイメージを使う場合の注意点:

* ファイルを直接コピーするよりも若干多くのディスク容量を消費します。
* ディスクイメージへのバックアップは、通常よりも時間が長くかかります(ディスクイメージのマウント/マウント解除が必要なためです)。
* ディスクイメージファイルが壊れてしまうと、バックアップ全体が二度と利用できません。

 

ディスクイメージを使う場合の利点:

 

* アクセス権、拡張属性など、Mac OS Xのすべてのメタデータに対応します。
* ハードリンクにも対応します。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント