Top

この製品には、認証が必要です。有効期限にオレンジの!が表示(X8およびX9シリーズ製品)

NetUpdateを開いた際、アップデート画面にアップデートの有無が表示されず、下図のように有効期限にオレンジの「i」マークが表示される場合、その製品にライセンスの認証が必要なことを意味します。なお、表示される画面は、お使いのOS Xのバージョンや、お使いの弊社製品のバージョンによって若干異なります。

 

解決方法

次の手順で、インターネットに接続された状態でインストールされているプログラムのライセンスを認証解除し、再度認証を行う必要があります:

 

- VirusBarrierアプリケーションを起動します。シリアル番号の入力を促される場合は、氏名、組織名、およびシリアル番号をプログラムに登録して認証させてください。

- シリアル番号の入力を促されない場合は、下図のように画面左上のAppleロゴの隣に表示された「VirusBarrier」メニューから「VirusBarrierの認証を解除」を選んでください。

 

下図のように、本当に認証を解除してよいか確認されます。認証解除を選ぶと、お使いのMacの管理者パスワードを要求されます。

 

バンドル製品の場合、下図のようにインストールされているすべてのプログラムの認証を解除するか確認されますので解除してください。解除しないと、認証の解除操作が完了せずに中止されます。

 

- 認証解除あるいは認証を解除をクリックしてください。

- VirusBarrierが自動的に終了しますので、アプリケーションフォルダ内のIntegoフォルダ内のVirusBarrierアイコン、 Integoメニュー、あるいはDock内のVirusBarrierアイコンからVirusBarrierを再度起動してください。

- 下図のようにシリアル番号を要求されますので、お手元のシリアル番号を入力してください(イ ンターネットに接続されている必要があります)。

 

- 該当するシリアル番号が分からない場合は、Intego製品のシリアル番号(プロダクトキー)はどうやって確認できますか。のページを参照ください。この時、電子メールアドレスの入力を促されることがありますが、これまでプログラムに登録していた電子メールアドレスが分からない場合は、NetUpdateに登録された電子メールアドレスはどうやって確認できますか?のページを参照ください。

- 下図のようにVirusBarrierのメインウインドウ右上に表示された「インストール済み定義ファイル」の矢印アイコンをクリックしてNetUpdateを呼び出し、問題が改善したか確認してください(下図の画面はVirusBarrier X9のものです)。

vbx9jpcheckupdate.png

 

これでプログラムの再認証が完了しました。

 

- 以上 -

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント