Top

Washing Machine 2013で項目を1個クリーニングする

項目1つのクリーニング

Washing Machineの動作を理解するために、お使いのMacに付いてきたウェブブラウザ、Safariのダウンロード履歴という1つの項目をクリーニングして みましょう。クリーニングすると、お客様がSafariでダウンロードしたファイルが何であったか、お客様自身を含め、誰もSafariの履歴から知ると ができなくなります。

警告:クリーニングしたら、もう元に戻せません。Safariでダウンロードしたファイルの記録を残しておきたければ、次の手順は実行せず、読むだけにしてください。

まず、これからクリーニングしようとしている項目がどのようなものかを理解するために、Safariがどのように動作するのか簡単に見てみましょう。

Dock内のアイコンをクリックするか、アプリケーションフォルダ内のアイコンをダブルクリックして、Safariを起動してください。Safariが開いたら、ウインドウ > ダウンロードメニューを選んで、ダウンロードウインドウを開いてください(Safariのバージョンによっては、表示 > ダウンロードを表示メニュー)。次のようなウインドウが開いたはずです:

 

 

前回リストが消去されてから、Safariを使ってウェブサイトからダウンロードしたファイルが一覧されますので、このウインドウ内に表示される内 容は、 それぞれのユーザ毎に異なります。ウインドウが空でも問題はありません。Safariでファイルをダウンロードしたことがないか、ダウンロードウインドウ 下部(あるいは上部)の消去ボタンをクリックしてリストを消去した場合、ウインドウは空になります。試験のために、ファイルを1つダウンロードして続けるか、そのままで、以下の手順は実行せず、単に読み進めてください。

Safariを終了し、Washing Machineを起動してください。

ウインドウ上部で、ダウンロード履歴をクリックし、下部でSafariをクリックしてください。次のような画面になるでしょう:

 

 

次のいずれかを実行してください:

  • 下部のクリーニングボタンをクリックします;
  • メニューバーのクリーニング > クリーニングを選びます;あるいは、
  • Controlキーを押しながら項目をクリックし、表示されたコンテキストメニューからクリーニングを選びます。

確認のためにダイアログが表示されます:

 

 

クリーニング」をクリックすれば作業は完了です。もう一度Safariを起動して「ダウンロード」ウインドウを開き、クリーニングがうまくいったか確認しましょう。下図のような状態になっているはずです:

(画面が上のような状態にならなかった場合、ダウンロードの履歴をクリーニングする前にSafariを終了していなかった可能性があります。つまり Washing Machineは正常に動作したけれども、Safariが終了状態でなかったために、ダウンロードの履歴を更新されず、以前のまま維持した状態です。)こ の場合は、Safariを終了してから、再度試してください。

最後に付け加えますが、Safariの「ダウンロード」ウインドウの左下には「消去」ボタンがあります。このボタンをクリックしても、上述と同じ結 果が得 られます。Washing Machineの機能が優れているのは、同時に複数のアプリケーションの複数のファイルをクリーニングできる点です。次にそれをみていきましょう。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント