Top

Washing Machine 2013で複数の項目をクリーニングする

複数の項目のクリーニング

例えばSafariを使って閲覧したウェブサイトの痕跡をすべて削除したいとします。これを実現するには、Safariに属する項目をすべてハイライトして、先程と同じように「クリーニング…」をクリックするだけです。具体的な手順は以下の通りです:

1. カテゴリペインから「すべて」を選択します。

2. ウインドウ下部の「並べ替え:」で「名前」を選択し、その隣の検索ボックスが空になっていることを確かめます。

 

 

3. Safariの項目がすべてひとまとまりに表示されているところまで、リストを下にスクロールして移動します。下図の例ではSafariの項目は5つあり ますが、先程Safariのダウンロードの履歴をクリーニングしたので、お客様の画面では4つだけ表示されているかも知れません。

4. 先頭の項目をクリックし、続いてキーボードのShiftキーを押しながら最後の項目をクリックします。これでその2つの項目にはさまれたすべての項目が選 択されます。または、Commandキー(キーボード上のアップルマークのキー)を押しながらクリックすれば、複数の項目を任意に選択できます。

 

 

前出のように「クリーニング…」ボタンをクリックします。前回と同様の確認メッセージが表示されるので、「OK」をクリックします。Washing Machineが選択されたすべての項目を削除します。

注意:どのような場合も、クリーニングの操作を取り消すことはできません。「クリーニング…」ボタンをクリックする前に、選択した項目を本当に削除していいか確認してください!

上述の手順よりも簡単にSafariのすべての項目を見つける方法があります。ウインドウ下部の検索ボックスに“Safari”と入力していけば、 リスト から他の項目が絞り込みによって表示されなくなります。リストに残っている項目を上述の要領で選択できます。または、項目リストを選択するためにリスト内 をクリックし、Command+Aキーを押すか、「編集」メニューから「すべてを選択」と選択すればすべてを一度に選択できます。

 

 

再びすべての項目を表示させるには、検索ボックスに入力した文字を消去するか、検索ボックスの右端に表示されている小さな「×」アイコンをクリックします。

次に、また違ったアプローチの削除を実行してみましょう。今度は複数あるウェブブラウザのすべてのキャッシュを削除してみます。すべてのキャッシュ項目を探すには、次の2通りの方法があります:

  • 検索ボックスに“cache”と入力する
  • カテゴリペインから「キャッシュ」アイコンをクリックする

リストに表示されているキャッシュ項目を上述の要領で選択してクリーニングします。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント