Top

Washing Machine 2013でのCookieの編集とクリーニング

Cookieの編集とクリーニング

Washing Machineには特にCookieを詳細に操作できる機能が搭載されています。Cookieとは、ユーザのインターネットにおける行動を記録するため に、ウェブサイトやその他インターネットのサービス側が、お使いのコンピュータに保管するユーザの情報です。Cookieは項目リストで確認できます。Cookie項目には、その隣に「ダブルクリックして編集」というメッセージが表示されています。

 

 

Cookie項目を実際にダブルクリックすると、下図のようなウインドウが開きます:

 

 

この状態で「除去…」ボタンをクリックすれば、選択したド メインのCookieをすべて削除できます (複数のCookie項目を選択するには、前述のようにShiftキー+クリックまたはCommandキー+クリックします)。特定のドメインの Cookieをすべて除去すると、次回そのドメインを訪問したときにウェブブラウザにはお客様の個人情報がまったく記憶されていない状態になります。その ウェブサイトへのログイン情報や、カスタマイズしてあった閲覧条件などの設定、さらに過去の閲覧の履歴から分析されるおすすめの情報などは、すべて消去さ れています。これは誤って自分の言語以外で特定のウェブサイトを開く設定にしてしまった場合など、設定を完全に消去したい時に便利です。ただし、サイトに よっては、決められた情報の入力を再度求められたり、サイトの使用規定やオープニング画面など、過去に閲覧したものを再度見直さなければならないような場 合もあります。

多くのウェブサイトでは、Cookieを複数のソースやドメインからお客様のコンピュータに保管します。具体的には、ユーザが利用するウェブサイト に広告やその他のコンテンツを提供しているドメインや第三者の企業などが、各ユーザの嗜好を分析し、そのユーザによりアピールするコンテンツを提供するた めです。 どのサイトがどのCookieを設置するのか、完璧に判断することはできません。

Cookieについてより詳細な情報を確認することができます。さらに表示した情報には編集できるものもあります。各ドメイン名の左側にある三角形 をク リックすると、そのドメインに関連するCookieのリストが展開表示されます。表示されたリストからCookieを1つクリックすると、その Cookieがハードディスクにどのような情報を保管しているかを確認できます。

 

 

各Cookieに保存されている情報は、例えばFirefoxやSafariなど、そのCookieを管理するプログラムが起動していない状態の場 合にの み編集できます(Cookieを使用しているプログラムが起動しているのに、それを編集しようとすると、Washing Machineによって該当するプログラムを終了するよう促すメッセージが表示されます)。Cookieに保存されている情報のほとんどは、コンピュータ だけが解釈できる不可解な形式で記述されているため、ほとんどの場合単純にCookieを除去してしまった方が無難です。でも、とりあえずCookieに 保存されている情報を覗いてみましょう。

 

 

Cookieの「名前」、「パス」、「」 はそれぞれ、該当する項目をクリックして選択し、新たな情報を入力することで編集できます。このとき、Cookieの名前やパス(Cookieファイル自 身に保管されている情報)を変更すると、そのCookieを発行した側のドメインはそれを見つけられなくなります。これで、除去せずに、Cookieを無 効化して保管しておくことができます。この場合、変更内容をどこかに書き留めておいてください!

有効期限」フィールドに表示されている日付は、そのCookieの有効期限で、年や月などをそれぞれクリックして選択し、任意の値を入力するか、右側にある上下矢印で変更できます。

セキュア」フィールドは、そのCookieがセキュア・プロトコル(HTTPS)経由で設定されているかどうかを示します。Cookieをセキュアにする条件は他にもあるので、Washing Machineで変更することはできません。

変更したら「適用」ボタンをクリックして、内容を保存します(ウインドウ下部にある「完了」をクリックしただけでは変更は保存されません)。また、「除去…」ボタンをクリックすれば、選択しているCookieを削除できます。

 

 

ある特定のドメイン以外のCookieをすべてクリーニングしたいとします(例えば、仕事でコンピュータを使用しており、会社のサーバにアクセスす るには 特定のCookieが必要だけれども、その他のサイトのCookieは保存しておきたくないような場合などです)。特定のドメインをクリーニング対象から 除外するには、「Washing Machine」>「環境設定…」を選ぶか、commandキーと , (カンマ)キーを同時に押し、開いた画面で「Cookie」を選択します。

 

 

残しておきたいのドメインをWashing Machineのクリーニングの対象から除外自邸するために、まず「次のドメインは保持する」をクリックします。次にリスト下部にある「+」ボタンをクリックし、残しておきたいドメイン名を入力します。同様に保持したいドメインをすべて「+」ボタンをクリックして追加します。登録したドメインを削除するには、リストから選択し「-」ボタンをクリックします。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント