Top

Washing Machine 2013での項目の表示オプション

項目の表示オプション

Washing Machineは、前出のすべての項目をクリーニングできますが、はじめて起動した時に、そのライブラリの項目リストにはクリーニング可能なすべての項目 が表示されているとは限りません。デフォルトでは、Washing Machineは、クリーングしようとするプログラムの最新版に属している項目で空でない項目だけを表示します。しかし、プログラムの環境設定のオプションを変更すれば、Washing Machineがクリーニングできるすべての項目を表示させることもできます。Washing Machine > 環境設定…を選ぶか、Commandキーと-,(カンマ)キーを押してください。全般アイコンを選択すると、次のような画面になります:

 

 

チェックボックスによって、ライブラリに表示される項目を変更できます。

空の項目を表示するがチェックされていると、項目リスト内のいくつかの項目が、Finderで表示されるプログラムアイコンではない、汎用アイコンで表示されるでしょう。例えば次の図のようにです:

 

汎用アイコンは、その項目をWashing Machineが自身のキャッシュにまだ保管したことがないことを意味します。 プログラムの処理速度を高速化するために、Washing Machineは、自身のキャッシュにすべてのプログラムのアイコンを保管しています。Washing Machineにすべてのプログラムの現在のアイコンを表示させるには、Washing Machine > アイコンキャッシュを空にするメニューを選んでください。これで最近インストールしたプログラムのアイコンも汎用アイコンから正しいものに修正されると同時に、削除したプログラムの正しいアイコンも除去されます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント