Top

Washing Machine 2014(X8)へようこそ

目次


Washing Machineのインストール
ソフトウェアにシリアル番号を登録
ソフトウェアのアンインストール
NetUpdateを使う
NetUpdateの環境設定
サポートに連絡

 

Washing Machineのインストール

Washing Machineソフトウェアは、購入の際に受け取った電子メールに記載のダウンロード用リンクをクリックするか、弊社のダウンロードページからダウンロードすることが可能です。

Disk_Image.png

 

ダウンロードが完了したら、 Washing_Machine.dmgあるいはWashing_Machine_2014.dmg、あるいはWashing_Machine_X8.dmgファイルをダブルクリックしてください。なおデフォルトでは、このファイルはお使いのMacのダウンロードフォルダに保管されています。ダウンロードされたファイルの保存先が分からない場合は、お使いのウェブブラウザの環境設定で確認する か、お使いのウェブブラウザのダウンロード画面で確認してください。

 

次に、下図のWashing Machineをインストールをクリックしてください。



開かれた画面の手順に従うことで、アプリケーションがインストールできます。なお冒頭では、英語のLicense Agreement(使用許諾契約)が表示され、お使いのコンピュータの管理者パスワードの入力を促されます。Washing Machineが正常にインストールされると、次のような画面が表示されます。

 

インストールが完了すると、Washing Machineは、下図のようにアプリケーションフォルダ内のIntegoフォルダにインストールされます(画面の内容は、お使いのMac OS Xのバージョンやインストールされているアプリケーションによって異なります):


下図のIntegoフォルダ内のWashing Machineアイコンをダブルクリックすることで、アプリケーションを開くことができます:

 

ソフトウェアにシリアル番号を登録

Washing Machineを初めて開くと、下図のようなシリアル番号(プロダクトキー)入力ウインドウが表示されます:



お客様の名前あるいは企業/団体名とお手元のシリアル番号を入力してください。どちらのフィールドにも、必ず情報を入力してください。ソフトウェアをダウンロードで購入した場合、シリアル番号はご注文の際に受け取られた電子メールに記載されています。情報を入力したら、OKをクリックしてください。これでプログラムが開きます。

 

Washing Machineのデモ版

Washing Machineには、購入前にプログラムの機能を試したいお客様のために、評価モードが用意されています。評価モードで使うには、上記のシリアル番号入力画面で「評価」をクリックしてください。

Washing Machineが評価モードで実行されている場合、初めての起動から30日間、お使いのMacで問題なく動作するか、必要な機能が備わっているか確認するために、アプリケーションを試すことが可能です。評価モードは、プログラムの動作と機能を確認するために用意されており、お使いのコンピュータを実際にクリーニングあるいは整頓することはできません。評価モードの試用期間が終わってもプログラムを使い続けたい場合は、アプリケーションのシリアル番号を購入 してください。シリアル番号を購入されない場合は、プログラムを
コンピュータからアンインストールしてください。

評価モードの使用期間の残りは、「Washing Machineについて」画面で確認できます。この画面は、画面の左上に表示されたWashing Machineメニューから「Washing Machineについて」を選ぶことで呼び出せます。この画面では、プログラムが評価モードで動作していること、そして試用期間がどれだけの凝っているか表示されます。

 

 

ソフトウェアをアンインストール

Integoのソフトウェアを正しくアンインストールするには、ソフトウェアをインストールする際に使った下図のようなインストーラ(Washing_Machine.dmgあるいはWashing_Machine_2014.dmg、あるいはWashing_Machine_X8.dmgファイル)を使う必要があります。ソフトウェアを手動で削除しようとした場合、正常にアンインストールできませんので、該当するソフトウェアを再度インストールしてから、インストーラを 使ってアンインストールする必要があります。インストーラが手もとにない場合は、次のウェブページから入手してください: http://www.intego.com/jp/support/downloads
new_dmg.png

 

上記のディスクイメージを開いたら、下図にあるようなWashing Machineのインストーラをダブルクリクしてください。

 

次に、下図のソフトウェアをアンインストールをクリックしてください。

 

ソフトウェアをアンインストールをクリックすると、Washing Machineが表示されたウインドウが開きます。Washing Machineがチェックされた状態で、アンインストールボタンをクリックしてください。

 

OS Xの管理者パスワードの入力を促されます。パスワードを入力すると、お使いのコンピュータからWashing Machineがアンインストールされます。

注意: 既にIntegoのソフトウェアを手動で削除している場合、この方法でアンインストールを行ってもソフトウェアの一部が残ったままになることがあります。その場合は、ソフトウェアを再度インストールし直してから、このアンインストール操作を実行してください。

 

 

NetUpdateの使い方

NetUpdateは、インストールされている他のIntegoのプログラムが、プログラムおよびウイルス定義ファイルやコンテンツフィルタなどの関連ファイルのアップデートの有無を確認するために使うアプリケーションです。

NetUpdateは、Integoの製品をインストールすると必ず同時にインストールされます。NetUpdateを起動すると、お使いのコンピュータにインストールされ ているIntegoのすべてのプログラムのアップデートの有無を一括して同時に確認し、アップデートがあればダウンロードしてインストールすることでプログラムや関連ファイルを最新に保ちます。

NetUpdateでは、手動で確認を行う以外に、あらかじめ指定した間隔で自動的にサーバに接続して確認を行うことも可能です。

注意: お使いのMacでファストユーザスイッチを使っている場合、NetUpdateは一度に一人のユーザでしか利用できません。特定のアカウントで NetUpdateが起動したまま他のユーザにスイッチすると、他のユーザでNetUpdateを起動することはできません。ファストユーザスイッチを 使っている場合は、ユーザをスイッチする前に必ずNetUpdateを終了することをお勧めします。

NetUpdateを設定する

NetUpdateを起動するには、アプリケーションフォルダ内のIntegoフォルダに保存されている下図のようなNetUpdateアイコンをダブルクリックしてください(X6シリーズでは、NetUpdateはアプリケーションフォルダ内に保存されています):

 

netupdate_arrow.png

 

NetUpdateをはじめて開いた際には、まず、下図のようなNetUpdate環境設定画面でお使いの電子メールアドレスを入力する必要があります。

 

一般画面で、電子メール欄にお使いの電子メールアドレスを入力してください。

注意: インストールされているプログラムのバージョンによっては、NetUpdateにパスワードを登録する必要があります。パスワードには半角英数字で4文字以上31文字以下のお好きな文字の組み合わせを入力します。

なおパスワードに特殊な文字や記号およびスペースは絶対に使わないでください。入力したパスワードに間違いが無いことを確認するために、「パスワードを確認」フィールドにもう一度パスワードを入力してください。このパスワードは、安全な場所に保管するなどして記録しておいてください。

NetUpdateのパスワードは、弊社のNetUpdateサーバがサーバ上の情報を照会する際に使うだけで、例えば、 お使いの電子メールアカウントやMac OS Xの管理者のパスワードとは無関係です。また高度にセキュリティ保護を目的としたものではありません。

NetUpdateに登録した電子メールアドレスは、お使いのMac上のすべてのユーザに共通です。電子メールアドレスが認証されたら、管理者パスワードを持つすべてのユーザがNetUpdateでアップデートを確認し、インストールできるようになります。

 

アップデートの有無を確認

画面上部のメニューバーに表示されたWashing Machineメニューには、下図のように「アップデートの有無を確認」メニューがあります:



あるいは画面上部のメニューバーに表示されたIntegoメニューからNetUpdateを呼び出すこともできます:

 

いずれの操作で起動したかに関わらず、NetUpdateが起動すると、自動的にIntegoのサーバへ接続し、お使いのIntegoのソフトウェアのバー ジョンが最新かどうかを確認します。現在インストールされているファイルより新しいアップデートがあれば、 NetUpdateでダウンロードしてインストールすることが可能です。

 

 

NetUpdateの環境設定

NetUpdate には、カスタマイズ可能なオプションがいくつかあります。オプションを設定するには、前述のいずれかの方法でNetUpdateを開き、 NetUpdateのツールバーで「環境設定」アイコンをクリックしてください。NetUpdateの環境設定は、下図のように「一般」、「アップデー ト」、および 「詳細」の 3 つの画面で構成されています。


一般

この画面には、識別情報およびIntegoメニューの設定があります。

電子メールアドレスを変更した場合は、新しい電子メールアドレ スをこの画面に入力して変更してください。ロックが閉じた状態で電子メールアドレスを編集できない場合は、錠前アイコンをクリックし、OS Xの管理者パスワードを入力することで新しい電子メールアドレスを入力可能になります。

識別情報: お使いのIntegoのソフトウェアと組みでNetUpdateサーバに記録される電子メールアドレスです。
Integoメニュー: Integoメニューは、メニューバーに常時表示され、NetUpdateを含め、お使いのMacにインストールされているIntegoのすべてのソフト ウェアに手軽にアクセスできます。デフォルトでは、このメニューを表示するよう設定されています。Integoメニューを表示したくなければ、「メニュー バーにIntegoメニューを表示」のチェックを外してください。

注意: X6シリーズをお使いの場合、電子メールアドレスと共に任意のパスワードを登録いただきますが、特定の電子メールアドレスと共に登録されたパスワードの組 み合わせを、お客様ご自身で変更することはできません。特定の電子メールアドレスに対して登録されているパスワードの変更を希望する場合は、パスワードの 変更を希望する電子メールアドレスおよび新旧のパスワードをIntegoのサポートへ連絡してください。

 

アップデート

NetUpdateは、新しいソフトウェアの有無を確認する場所として、後述する2つの場所のいずれかを指定できます。まず、ほとんどの場合、デ フォルトの設定である「Integoのサーバを確認する」のままで問題ありません。この設定には、2つのオプションが用意されています:

NetUpdateの代替ポートを使用する: NetUpdateは、アップデートの確認に標準のHTTPポート80を使います。なんらかの理由で、このポートが使えない場合は、このオプションをチェックして代わりにポート8079を使うように指定できます。多くの場合、この設定を変更する必要はありません。

ダウンロードしたアップデートをローカルフォルダに保管: このオプションがチェックされていると、アップデートがローカルディスクに保管されるため、Intego製品のマルチユーザ用ライセンスやサイトライセン スをお使いの場合に便利です。例えば、他のMacがAppleShareネットワーク上のローカルフォルダに保管されているアップデートを確認するように 設定できます。このような使い方をご希望の場合は、該当するMacではソースメニューで「ローカル/ネットワークフォルダを確認する」を選択してくださ い。

 

Intego製品のマルチユーザ用ライセンスやサイトライセンスをお使いの場合で、上記のオプションを利用し、同じライセンスが登録されているMacからローカルネットワーク上のアップデートを確認する場合は、ソースで「ローカル/ネットワークフォルダを確認する」を選択して「選択」ボタンをクリックし、フォルダを指 定するかテキストフィールドにフォルダをドラッグ&ドロップしてください。リモートボリューム上のローカルなNetUpdateフォルダを使うには、 NetUpdateのアーカイブを確認する際、必ずこのボリュームが各MacのDesktopにマウントされている必要があります。

注意: AFPボリュームをローカルなNetUpdateフォルダとして使う場合は、このバリュームが各Macにマウントされている必要はありません。NetUpdateが自動でマウントし、アップデートの確認が完了したらマウント解除します。

ローカルのNetUpdateアーカイブフォルダを使う方法には、2種類あります。1つは、1台のMacでアップデートをダウンロードし、別のMacの NetUpdateアーカイブフォルダにコピーあるいは移動する方法です。もう1つは、NetUpdateがダウンロードしたアップデートはそのままフォ ルダに保管しておき、他のMacのNetUpdateから手動あるいは指定した頻度でこのフォルダ内のアップデートを確認させる方法です。

注意: IntegoのソフトウェアをローカルのNetUpdateフォルダを使ってアップデートする場合、アップデートしようとするプログラムの年間契約が有効かどうかをNetUpdateサーバに接続して確認することがあります。この時、該当するMacはインターネットに接続されていなければなりません。つまり、全くインターネットに接続できないMacでIntego製品を自動で常に最新に保つことはできません。

 

詳細

この画面には、下図のように「電子メール通知およびメッセージ表示」のオプションがあります:

 

新しいIntego製品に関する情報を希望する: このオプションをチェックしておくと、Integoがお客様の登録された電子メールアドレス宛に電子メールを送ることがあります。このような電子メールの受け取りを希望されない場合は、届いた電子メールの下部に記載されたリンクからいつでも購読も中止することが可能です。


年間契約の期限が切れるときにメッセージを表示する: このオプションをチェックしておくと、お使いのライセンスの年間契約が期限切れになる際、NetUpdateがその旨警告を表示します。このオプションを無効にすることはできません。

 

 

スケジュール

お使いのソフトウェアの利用可能なアップデートの有無を数のスケジュール画面でNetUpdateに自動で確認させることもできます。この画面では、その確認の頻度とアップデートの対象を指定します。また前回のアップデートの日付と時刻も表示されます:

 

アップデートの有無を自動確認: このオプションがチェックされていると、NetUpdateは自動的にNetUpdateサーバに接続してアップデートの有無を確認します。このオプショ ンがチェックされていない場合は、NetUpdateのメイン画面右下に表示された「確認」あるいは「再確認」ボタンをクリックして手動でアップデートの 有無を確認してください。このオプションをチェックしたら、メニューで確認の頻度を指定してください。頻度は、毎日、週1回、あるいは月1回のいずれかを 選択できます。

アンチウイルス用定義ファイルおよびフィラを自動インストールする: この設定は、VirusBarrierあるいはContentBarrierがインストールされている場合にのみ適用されます。チェックしていると、利用可能なより新しいマルウェア定義ファイルあるいはフィルタが自動的にインストールされます。

バックグラウンドでアップデートする: このオプションがチェックされていると、NetUpdateがお使いのソフトウェアも自動でアップデートしようとします。その際、該当するアップデートが必要なソフトウェアは終了され、アップデート後にMacの再起動を促されることがあります。

 

 

インストールされたアップデート

この画面では、お使いのIntegoのソフトウェアに適用されたアップデートの履歴を確認できます。NetUpdateが実行したアップデートの一覧がここ に表示されます。項目をクリックすれば、アップデートに関する情報が表示されます。「バージョン」列には、プログラムのバージョン番号が表示されます。 バージョン列のヘッダをクリックする度に、バージョン番号とビルド番号が切り替わります。クリックして選択された項目のコメントは、ウインドウ下部に表示 されます。

 

サポートに連絡

 

Support.png

Washing Machine 2014の使い方で分からないことがあり、このユーザマニュアルにも説明がない場合は、次のリンクをクリックすると開くNetUpdateのナレッジベースでよくある質問に対する回答を探してみてください:

ナレッジベース

 

また次のリンクをクリックすると開くページでサポートフォームに入力して送信することで、サポートチームに直接連絡することも可能です:

サポートに連絡

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント