Top

整理について: Washing Machine 2014(X8)



整理サイクルは、作業効率を上げるためにデスクトップを最適化することを目的としていま す。このサイクルでは、デスクトップを片付け、Dockによく使う ア プリケーションだけが表示され、よく使うファイルを素早く呼び出せるスマートフォルダを作成することできます。そのための3つの選択肢が用意されていま す。



 
Dock
お使いのDock内に表示されるアプリケーションアイコンのリストを、それぞれの使う頻度を基に整理します。項目をドラッグしてDockに追加したり、 Dockから除去してください。新しいDockの状態が、ウインドウ下部に表示されます。Dockからアプリケーションを除去しても、そのアプリケーションがMacから実際に削除されるわけではありません。単にそのアイコンがDockから取り除かれるだけです。
 
スマートフォルダ
自動的に中身がアップデートされるスマートフォルダは、OS Xの便利な機能です。Washing Machineでは、簡単にスマートフォルダを作成できます。作成されたスマートフォルダは、Finderウインドウのサイドバー内の「よく使う項目」に表示されます。頻繁に使うファイルを簡単に呼び出せれば、作業効率が格段に向上します。スマートフォルダは、最も頻繁に使うファイルとアプリケーションを自動的に一カ所にまとめてくれます。

スマートフォルダを作成するには、ウィンドウのほぼ中央に表示されるスマートフォルダ部分にリストさ れた項目をウインドウの右に表示されたお気に入りのスマートフォルダへドラッグして移動させてください。Finderでスマートフォルダが表示される順番 もドラッグして変更可能です。ご希望通りにスマートフォルダを指定したら、整頓ボタンをクリックしてください。
 
これで、お使いのFinderウインドウのサイドバーに、指定したスマートフォルダの構成が反映します。基本的に、OS X 10.7以降では「よく使う項目」、OS X 10.6では「場所」になります。

デスクトップ
書類、イメージ、 ミュージック、そしてムービーファイルをそれぞれホーム内の該当するフォルダに移動したり、デスクトップ上の保管用フォルダに移動したり、ゴミ箱へ捨てることができます。Washing Machineの自動選択機能に任せてしまうことも可能です。デスクトップの整理は、3つの方法で実行できます。


ホーム内のサブフォルダで整理 - 上に表示された項目をこのセクションにドラッグすることで、各ファイルがその種別に合わせてそれぞれ該当する場所へ移動されます。
 
デスクトップ上のフォルダで整理 - 上に表示された項目をこのセクションにドラッグすることで、デスクトップ上にフォルダが作成され、ドラッグした項目がその中に移動されます。
 
ゴミ箱に移動 - 上に表示された項目をこのセクションにドラッグすることで、不要なファイルやフォルダがゴミ箱へ移動されます。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント