Top

Intego Privacy ProtectionのDNSサーバを変更する

注意: この記事内のスクリーンショットは英語版の画面ですが、プログラムは日本語化されています。

 

お使いのVPN接続のセキュリティ、通信速度、安定性を向上させるために、DNSサーバを変更することもできます。

 

手順1: アプリケーションを開く

画面上部のメニューバーの右の方に表示されたIntego Privacy Protectionアイコンを見つけてください。

IPP-MenuBar.png

アプリケーションのアイコンをクリックすると、Intego Privacy Protectionのメインメニューが開きます。

 

手順2: VPNを切断

まず、VPNから切断されていることを確認してください。接続された状態の場合、あるいはアプリケーションがVPNに接続しようとしている状態の場合は、ウインドウ上部に表示された電源ボタンをクリックするか、アプリケーションアイコンをcontrolキーを押しながらクリック(または右クリック)してVPNから切断してください。

IPP-Disable.png

 

手順3: 設定を開く

メニューバーに表示されたアプリケーションアイコンをcontrolキーを押しながらクリック(または右クリック)するか、アプリケーションメニュー右上に表示された縦に並んだ3つのドットをクリックして、設定ウインドウを開いてください。

IPP-DisableDots.png

 

手順4: ネットワーク画面を表示

設定ウインドウで、ネットワークタブをクリックしてください。

IPP-Network1.png

手順5: ネットワーク設定を変更

この画面のネームサーバにはメニューがあります。インストールした状態では、Intego Privacy Protectionが自動的にIntego Privacy ProtectionのDNSサーバに接続するようになっています。このメニューからお使いの既存のDNS設定に変更したり、カスタムDNS設定に変更することができます。

IPP-Network2.png

お使いの既存のDNSあるいはカスタムDNS設定では、DNS通信の内容が第三者に漏洩する可能性がありますので、十分にご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント