Top

破損したファイルとはなんですか?

破損したファイルは、お使いのコンピュータ上で何らかの理由から動作しなくなったか、使えなくなってしまったファイルです。ファイルが破損する原因はいくつも考えられます。メンテナンスソフトなどで修復できる場合もありますが、ほとんどの場合では修復できないので削除して事前にとっておいたバックアップなどから正常なファイルを取り出して置き換えなければなりません。

ファイルは、そのファルを作成したり編集したソフトウェアのバグが原因で破損することあります。多くの場合はたまたま起きた現象であり、一度修復すれば解決します。またウイルスに限らず、他社のソフトウェアが原因でバグが引き起こされ、ファイルが破損してしまうこともあります。ユーザが破損したファイルを開こうとすると、システムがフリーズしたり、ファイルに対するエラーが表示されます。

ファイルが破損したら、まずシステムの機能を使って問題解決を試みてください。オペレーティングシステムの一時的な問題でファイルが破損したなら、システムのメンテナンス機能を使って修復することが可能でしょう。システムが不安定になったような場合、VirusBarrierのスキャンで破損したファイルが見つかれば、原因を特定して修復しやすくなるかも知れません。問題が解決したら、ソフトウェアは以前のように動作し、破損していたファイルを再度使えるようになります。

破損したファイルが修復できない場合、データの復旧を試す必要があります。極端な場合、問題解決にはバックアップしておいたデータから正常なファイルを取り出して置き換える必要があるでしょう。そのためにも定期的なバックアップの作成をお勧めします。ファイルが破損し、修復もできない場合、ファイルをアンインストールし、再度インストールし直すのが最も簡単で早い対策です。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント