Top

VirusBarrierのデモ版をアクティベート(ライセンス認証)する方法

VirusBarrierのライセンスを購入いただくとシリアル番号(プロダクトキーあるいはライセンスキー)が届きます。アプリケーションのデモ版をインストールしている場合は、デモ版にこのシリアル番号を登録して認証させることで、そのまま製品版として使うことが可能です。

まずVirusBarrierを起動してください。すでにVirusBarrierを開いている場合は、画面上部のAppleアイコンの隣のVirusBarrierメニューからVirusBarrierを終了してください。VirusBarrierが終了したら、アプリケーションを再度起動してください。

表示された画面で左下の「認証」ボタンをクリックしてください。

デモ版の試用期限である30日が経過してアプリケ−ションを起動した際に次のような画面が表示される場合は、シリアル番号を入力をクリックしてください。

 

 

下図のようなウインドウが開きます。まず氏名あるいは会社名などを入力してください。次にライセンスを購入した際に受け取ったシリアル番号を入力してください。OKをクリックすると、Integoの認証サーバへ接続してライセンスが認証されます。認証が完了したら、NetUpdateアプリケーションを開いて年間契約期限が正常に表示されるかご確認ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント