Top

ContentBarrierで電子メールをブロックしたりフィルタリングする

インターネットでもっともよく使われるのは、チャットとウェブ閲覧ですが、ContentBarrierには、その他のインターネット利用をフィルタリングする機能があります。その設定を行うには、下図のように詳細ボタンをクリックしてください。

 

コンテンツを監視

ContentBarrierは、あらゆる電子メールプログラムを使って送受信される電子メールメッセージに内蔵のコンテンツフィルタを適用させることができます。

 

電子メールフィルタには次の3つの選択肢があります:

  • 電子メールを許可する: すべての電子メールの送受信が許可されます。
  • AntiPredatorを使って不適切な電子メールのフィルタリングを試みる: ContentBarrierは、送受信される電子メールを調べ、危険と判断したらブロックします。ContentBarrierは、 AntiPredator機能に登録されたすべてのフレーズを使ってフィルタリングを試みます。つまり、チャットフィルタで特定のフレーズだけを有効にし ていても、電子メールのフィルタリングではすべてのフレーズが使用されます。
  • 電子メールをブロックする: 標準の電子メールプログラムを使って受信されるすべての電子メールがブロックされます。ただし、メッセージサービスやウェブサイトなど別の方法で送受信される電子メールは対象外ですのでご注意ください。
  • ContentBarrierは、特定のプロトコルとソフトウェアを使った掲示板を提供するUsenetニュースグループをフィルタリングすることもできます。選択しているユーザのニュースグループの利用を禁止するには、ニュースグループをブロックをチェックしてください。

    この設定は、専用のソフトウェアを塚て利用されるニュースブロックだけをブロックします。ウェブページに表示される場合は、対象外となります。そのようなウェブサイトは、ウェブフィルタ画面でニュースグループカテゴリをチェックすればブロックできます。

 

 

ContentBarrierについて不明な点がありますか?

Support.png

ContentBarrierの使い方で分からないことがあり、このユーザマニュアルにも説明がない場合は、次のリンクをクリックすると開くContentBarrierのナレッジベースでよくある質問に対する回答を探してみてください:

ナレッジベース

 

また次のリンクをクリックすると開くページでサポートフォームに入力して送信することで、サポートチームに直接連絡することも可能です:

サポートに連絡

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント