Top

ContentBarrierで子供の年齢と成長に合わせてプロフィールを設定する

同じ子供は二人としていません。子供が複数いれば、それぞれの子供の成長の度合いに合わせたインターネットの使い方があるでしょう。ある程度成長した子供を幼児のように扱えば文句が来るだけです。ContentBarrierでは、それぞれの子供に合わせて異なるプロフィールを設定できます。

こうして、10代の子供は宿題にインターネットを使え、一方で幼い子供はインターネットは自由に使えないけれど塗り絵を印刷したりアニメを観ることができるようになります。

ユーザ毎の構成を最適化

ContentBarrierでは、設定アシスタントによって簡単にユーザを作成して設定を行えます。その後、ContentBarrierのメイン画面ではユーザの設定や過去の操作の概要を確認できるだけでなく、さらに詳細なオプションを使ってその設定を変更することも可能です。

 

ContentBarrierを起動すると、上のような画面でユーザ一覧で選択されたユーザに適用されている設定が確認できます。この画面に表示されている情報は、次の通りです:

  • ユーザ情報: 画面上部では、ユーザ名、ユーザによるインターネットとの通信がフィルタリングされているか、ユーザによるインターネットの利用に関するレポートを受け取 るかどうか、が確認できます。また、ユーザの写真を指定していればその写真が、指定していなければシルエットが表示されます。
  • フィルター設定: 中央には、ContentBarrierのフィルターの現在の設定が表示されます。各項目の隣の色付きの丸は、フィルタの種別を意味します。緑は、制限あ るいは監視設定がない状態です。オレンジは何らかの制限がある場合で、赤は通信がブロックされているか監視されていることを意味します。各フィルタアイコ ンの隣の文字列は、フィルタとその設定に関する説明です。

 

ContentBarrierについて不明な点がありますか?

Support.png

ContentBarrierの使い方で分からないことがあり、このユーザマニュアルにも説明がない場合は、次のリンクをクリックすると開くContentBarrierのナレッジベースでよくある質問に対する回答を探してみてください:

ナレッジベース

 

また次のリンクをクリックすると開くページでサポートフォームに入力して送信することで、サポートチームに直接連絡することも可能です:

サポートに連絡

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント