Top

Intego製品の年間契約更新の方法

お使いのソフトウェアの年間契約が期限切れになると、プログラムは動作せず、定義ファイルのアップデートも行われなくなります。プログラムを使い続け、定義ファイルをアップデートし続ける位は、期限が来る前に年間契約更新を注文いただく必要があります。


お使いの製品の年間契約は、オンラインの年間契約センターで該当製品のシリアル番号を入力して更新を注文する以外に、次の方法でもご注文いただけます。

 

注意: Integoのオンラインストアで年間契約更新する場合、お支払い方法はクレジットカードあるいはPayPalのみとなります。銀行振り込みなど他のお支払い方法をご希望の場合は、弊社の国内代理店で企業/教育機関向けの窓口でもあるACT2(www.act2.com)のdirect(at)act2.comという電子メールアドレス宛にご注文ください。

 

X8/X9シリーズ製品の年間契約更新

1. Intego製品をインストールした際に必ずインストールされるNetUpdateを起動してください。
2. NetUpdateのアップデート画面で、年間契約更新を注文したい項目を選択してください。
3. 年間契約更新ボタンをクリックしてください。

下図は、期限が残っているVirusBarrier X8を年間契約更新する例です。:
(常に保護され続けるには、ソフトウェアの年間契約が期限切れになる前に年間契約更新することが理想ですが、期限切れのソフトウェアを年間契約更新することも可能です)。

 

4. お使いの製品の年間契約更新を注文するためのオンラインストアのページがウェブブラウザで開きます。そこで更新する年間契約の年数を指定し、「購入」ボタンをクリックして開いたページで注文に必要な情報を入力してください。

注意: 下図の右側に表示された「シート」が、お使いのライセンスをインストールできるMacの最大台数となります。「1シート」なら1台まで、「2シート」なら2台までインストールが可能です。

  

2013シリーズ製品の年間契約更新

1. Intego製品をインストールした際に必ずインストールされるNetUpdateを起動してください。
2. NetUpdateのアップデート画面で、年間契約更新を注文したい項目を選択してください。
3. 年間契約更新ボタンをクリックしてください。

下図は、期限が残っているVirusBarrier 2013を年間契約更新する例です。:
(常に保護され続けるには、ソフトウェアの年間契約が期限切れになる前に年間契約更新することが理想ですが、期限切れのソフトウェアを年間契約更新することも可能です)。

 

 

4. お使いの製品の年間契約更新を注文するためのオンラインストアのページがウェブブラウザで開きます。そこで更新する年間契約の年数を指定し、「購入」ボタンをクリックして開いたページで注文に必要な情報を入力してください。

注意: 下図の右側に表示された「シート」が、お使いのライセンスをインストールできるMacの最大台数となります。「1シート」なら1台まで、「5シート」なら5台までインストールが可能です。


 

 

X6シリーズ製品の年間契約更新

1. Intego製品をインストールした際に必ずインストールされるNetUpdateを起動してください。
2. NetUpdateのアップデート画面で、年間契約更新を注文したい項目を選択してください。
3. 年間契約更新ボタンをクリックしてください。

下図は、期限が残っているVirusBarrier X6を年間契約更新する例です。:
(常に保護され続けるには、ソフトウェアの年間契約が期限切れになる前に年間契約更新することが理想ですが、期限切れのソフトウェアを年間契約更新することも可能です)。




4. お使いの製品の年間契約更新を注文するためのオンラインストアのページがウェブブラウザで開きます。そこで更新する年間契約の年数を指定し、「購入」ボタンをクリックして開いたページで注文に必要な情報を入力してください。

注意: X6シリーズ製品の場合、年間契約更新できる年数は1年だけとなります。

注意: X6シリーズ製品からより新しいバージョンの製品へ無償アップグレードされている場合、X6シリーズ製品ではなく、お使いの最新バージョンとして年間契約更新されます。

注意: 下図の右側に表示された「シート」が、お使いのライセンスをインストールできるMacの最大台数となります。「1シート」なら1台まで、「5シート」なら5台までインストールが可能です。

 

 

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント