Top

無償アップグレードについて

Integoの製品の年間契約には、次のような無償アップグレードが含まれています。X6あるいは2013(X7)シリーズをMac OS X 10.7以降でお使いの場合はX8シリーズ製品へ、X6、2013(X7)あるいはX8シリーズをMac OS X 10.8以降でお使いであればX9シリーズ製品へ無償アップグレードが可能です。

なお、お使いの製品を無償アップグレードすると、年間契約の残り期間は新しいバージョンの製品の年間契約にそのまま継承されます。

また、無償アップグレードすると次回の年間契約はお使いの最新バージョンの製品として年間契約されるため、年間契約の更新料金が旧バージョンと異なることがあります。

注意: 年間契約に自動更新が設定されている場合は前回と同じ内容で請求が行われますので、無償アップグレードしていてもその金額は変わりません。自動更新を無効化して手動で年間契約更新をご注文いただくと、前述の通り最新バージョンとして年間契約更新されるために料金が高くなる場合があります。

無償アップグレードをご希望の場合は、次のページを参照ください:  https://www.intego.com/jp/renew-upgrade

注意: アップグレードには、お使いの製品のシリアル番号/プロダクトキーが必要になることがあります。

お使いのソフトウェアのアップグレードをNetUpdateから操作することもできます。お使いのシステム環境が、必須システム環境を満たしていれば、下図のようにアップデートの確認画面にアップグレード可能な製品が表示されます。

 

無償アップグレードの対象が選択された状態で「アップデート」をクリックすると、新しいバージョンのソフトウェアをインストールするためのインストーラをダウンロードするためのIntegoのウェブページが開きます。アップグレードせずに手動でアップデートだけ行う場合は、無償アップグレードのチェックを外した状態で「アップデート」をクリックしてください。今後は該当アップグレードをアップデート画面に表示したくない場合は、画面下部の「今後、このアップグレード通知を表示しない」をクリックしてください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント