Top

NetBarrierのファイアウォールにポートの例外を追加する方法

注意:  この記事は、NetBarrier 10.7.1以降に適用されます(画面や設定内容は、NetBarrierのバージョンによって若干異なります)。

 

NetBarrierには、他のデバイスからお使いのMacに対する通信を防ぐことで、外部からの危険からMacを保護する強力なネットワークファイアウォールを搭載しています。NetBarrierに内蔵されているどのデフォルトプロフィールでも、インターネットから発生したお使いのMacへの通信はすべてブロックするように設定されています。

 

ほとんどの場、この設定でネットワークファイアウォールに期待される保護が提供されますが、ネットワークを利用するある種のアプリケーションが使えなくなることがあります。例えば、お使いのコンピュータをリモートで制御するようなソフトウェアです。そのようなソフトウェアを利用するには、お使いのコンピュータに対してリモートから接続して、ネットワーク経由でお使いのコンピュータと通信しなければならないからです。

そこでファイアウォールに対し、そのような安全なアプリケーションが使う「ポート」を例外指定することで、特定のアプリケーションがファイアウォールを通過できるように設定できます。どのポートを例外として指定する必要があるかは、アプリケーション毎に異なります。特定のアプリケーションが利用するポートが分からない場合は、該当するアプリケーション名と「ポート」でインターネットを検索してみるのも良い考えです。

なお、NetBarrierはアプリケーションによるネットワークの利用を監視していますので、アプリケーションによっては、NetBarrierが一覧するネットワーク通信を待機しているアプリケーションから待機中の「ポート」を調べた方が簡単な場合もあります。

 

NetBarrierでは、受信あるいは発信の「例外」ボタンをクリックすることで、それぞれにポートの来街を追加できます。

現在動作しているアプリケーションが使用するポートを指定には、下向きの三角をクリックしてアプリケーション一覧を表示します。そこには、ネットワークからの要求を待機しているアプリケーションが一覧されます。アプリケーションの右側に表示される「+」アイコンをクリックすれば、アプリケーションが使う待機中のすべてのポートをを例外として追加できます。

 

アプリケーションの左の三角アイコンをクリックすると表示されるポート一覧から、特定のポートだけを指定して追加することもできます。

 

この方法で、特定のアプリケーションがどのポートを使っているか知ることができます。なお、今は使われていないポートを該当アプリケーションが新たに使い始めても、自動では例外に追加されません。NetBarrierが自動的にポートを例外として追加してしまうと、セキュリティの侵害につながる恐れがあるからです。お使いのアプリケーションが突然ネットワークを使えなくなったら、念のために上図の画面で必要なポートが例外されているか確認してください。

もっとも、ポートの例外指定を必要とするほとんどのアプリケーションは、起動するとすぐに必要なポートがネットワークに対して待機状態になりますので、多くの場合では特定のソフトウェアのためにポートを例外指定する操作は簡単でしょう。

ポートの例外を指定したいアプリケーションに指定したいポートが表示されていない場合は、手動でポート番号を追加することができます。下図の「+/-」ボタンをクリックして項目を追加し、指定したいポートを入力してください。

 

同様に、項目を選択した状態で「-」ボタンをクリックすると選択中の項目が除去されます。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント