Top

タスク・マネージャ・ウインドウが閉まりません



スケジュールされたスキャンが完了しても上図のようにIntegoのタスク・マネージャ・ウインドウが閉じないことがあります。この現象は、稀にスケジュールされたスキャンで起きることがわかっています。開発担当者が調査中で、原因が特定でき次第将来のアップデートで修正する予定です。スキャンは正常に完了していますので、セキュリティ上の問題はありません。

閉まらないタスク・マネージャ・ウインドウを閉める方法

1. Macを再起動する

お使いのMacを再起動するのが、最も簡単な解決策です。再起動する場合は、作業中のすべてのデータが保存されていることを事前に確認ください。

2. アクティビティモニタでプロセスを終了する

使用中のMacを再起動したくない場合は、アプリケーションフォルダ内のユーティリティフォルダにあるアクティビティモニタを起動し、下図のように'TM_Notifier'というプロセスを見つけてダブルクリックしてください:



プロセスを終了するために、開いたウインドウで'終了'ボタンをクリクしてください:  

 

3. すべての自動スキャンを無効にする

今後も同じ現象が一切起きないようにするには、自動でスキャンが始まらないようにする必要があります。まずVirusBarrierの環境設定画面で、下図のように「マウントされたボリューム」のチェックを外し、「定義ファイルをアップデートしたとき」は「なにもしない」を選んでください:

 

下図のボタンでスケジュール・スキャンの設定画面を呼び出してください:

 
スケジュールスキャンを'Off'にしてください。

 

VirusBarrierのリアルタイムスキャンがOnであれば、お使いのMacを常時監視して必要に応じてスキャンを行っています。定義ファイルがアップデートされれば最新の定義ファイルでスキャンを行いますので、手動やスケジュールされたスキャンは必須ではありません。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント