Top

Intego製品のアップデートの有無を確認する方法

X9、X8、あるいは2013製品でアップデートを確認

X6製品でアップデートを確認

お使いのMacにインストールされているIntego製品のバージョンがわからない場合は、このページを参照してください

X9、X8、あるいは2013製品でアップデートを確認

まず、下図のようにVirusBarrier X9のメイン画面右上に表示された「インストールされた定義ファイル」をクリックすることで、NetUpdateアプリケーションを呼び出してアップデートの有無を確認することができます:

 

下図のように画面上部のメニューバーに表示されたIntegoメニューからNetUpdateを開くこともできます: 

 

また、お使いの製品はアプリケーション > Intego フォルダにインストールされています。Finderで新規Finderウインドウを開き、アプリケーションフォルダを開くと下図のようにIntegoフォルダがあります:

 

 

 Integoフォルダ内には、お使いのすべてのIntegoのアプリケーションが保管されています。NetUpdateをダブルクリックすればNetUpdateアプリケーションが開きます:

 

どのような方法でNetUpdateを開いても、プログラムは自動的にIntegoのサーバに接続してお使いのIntegoのプログラムが最新かどうかを確認し、下図のような画面を開きます。アップデートがある場合は、NetUpdateでダウンロードしてインストールすることができます。



NetUpdateがIntegoのサーバに接続すると、利用可能なアップデートが表示されます。上図のアップデート画面に名称が表示されていない アプリケーションは、お使いのMacにインストールされていないか、利用可能なアップデートがないことを意味します。しかし年間契約の対象となる項目につ いては、利用可能なアップデートの有無に関係なく、その名称が常に表示されています。これは年間契約の残り期間を確認できるようにするためです。

注意: この画面に表示されている定義ファイルやフィルタが灰色で表示されており、「インストール」がチェックできない場合は、インストールされているバージョンが最新なのでアップデートは不要です。

上図のリストには、アップデートの名前バージョンサイズ、および年間契約の対象になる場合は該当する年間契約の有効期限が表示されます。項目のインストール列にあるチェックボックスをチェックしたりチェックを外したりして、アップデートをインストールするかどうかを指定できます。チェックボックスをチェックした状態でアップデートボタンをクリックすることで手動でアップデートができます。

アッ プデートボタンをクリックするとOS Xの管理者パスワードを要求されます; 管理者権限を持つユーザだけがNetUpdateを使って手動でアップデートをダウンロードしてインストールできます。有効な管理者パスワードを入力する と、NetUpdateがチェックされているアップデートを自動的でダウンロードしてインストールします。アップデートが完了すると、必要に応じて NetUpdateがMacの再起動を要求しますので速やかにMacを再起動させてください。

X6製品でアップデートを確認

IntegoのすべてのX6製品には、NetUpdate状況バーに今すぐ確認ボタンが表示されています。このボタンはプログラムのメイン画面の上部に表示されています; メイン画面にボタンがない場合は、表示メニューでNetUpdate状況バーを表示を選んでください。アップデートの有無を確認するには、今すぐ確認ボタンをクリックします。下図は、VirusBarrier X6の例です:



下図のように画面上部のメニューバーに表示されたIntegoメニューからNetUpdateを選んで開くこともできます:

 

また、お使いの製品はアプリケーションフォルダにインストールされています。Finderで新規Finderウインドウを開き、アプリケーションフォルダを開いてNetUpdateアプリケーションのアイコンをダブルクリックして開くこともできます:



どのような方法でNetUpdateを開いても、プログラムは自動的にIntegoのサーバに接続してお使いのIntegoのプログラムが最新かどうかを 確認し、下図のような画面を開きます。アップデートがある場合は、NetUpdateでダウンロードしてインストールすることができます。

 

NetUpdateがIntegoのサーバに接続すると、利用可能なアップデートが表示されます。上図のアップデート画面に名称が表示されていないアプリケーションは、お使いのMacにインストールされていないか、利用可能なアップデートがないことを意味します。しかし年間契約の対象となる項目については、利用可能なアップデートの有無に関係なく、その名称が常に表示されています。これは年間契約の残り期間を確認できるようにするためです。

注意: この画面に表示されている定義ファイルやフィルタが灰色で表示されており、「インストール」がチェックできない場合は、インストールされているバージョンが最新なのでアップデートは不要です。

上図のリストには、アップデートの名前バージョンサイズ、および年間契約の対象になる場合は該当する年間契約の有効期限が表示されます。項目のインストール列にあるチェックボックスをチェックしたりチェックを外したりして、アップデートをインストールするかどうかを指定できます。チェックボックスをチェックした状態でアップデートボタンをクリックすることで手動でアップデートができます。

アップデートボタンをクリックするとOS Xの管理者パスワードを要求されます; 管理者権限を持つユーザだけがNetUpdateを使って手動でアップデートをダウンロードしてインストールできます。有効な管理者パスワードを入力すると、NetUpdateがチェックされているアップデートを自動的でダウンロードしてインストールします。アップデートが完了すると、必要に応じてNetUpdateがMacの再起動を要求しますので速やかにMacを再起動させてください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント