Top

Intego Privacy Protection VPNの速度を向上させる方法

注意: この記事内のスクリーンショットはバージョン3.2の画面です。お使いのIntego Privacy Protectionの画面と異なる場合は、古いバージョンをお使いの可能性がありますのでIntego Privacy Protectionの設定のヘルプ画面下部に表示されたバージョンをご確認ください。バージョン3.2へのアップデートは必須ではありませんが、この機会に次の記事を参照してアップデートすることをお勧めします: Intego Privacy Protectionをバージョン3.2にアップデートする

 

お使いのIntego Privacy Protectionの通信速度が遅いと感じたら、速度を向上させるために試すべきいくつかの設定があります。

 

VPNサーバの変更する

VPNサーバの場所を、もっと自分に近い別の場所に変更すると速度が向上することがあります。さらに、サーバによって人気の度合いが異なります。サーバが混雑していると、速度低下することがあります。そのため、混雑していない別の場所のサーバを選択すると、通信速度が改善することがあります。

ippfasterJP01.png

一般的に、レイテンシが低いサーバの方が高速です。

 

 

プロトコルあるいは接続タイプを変更する

Intego Privacy Protectionは、特定のプロトコルと接続タイプでVPNサーバに接続します。この設定は、設定メニューのプロトコル画面で変更することができます。

ippfasterJP02b.png

プロトコルOpenVPNの場合は接続タイプ(転送)で、UDPTCPを選べます。一般にTCPのが遅いですが、安定しています。UDPの方が早い傾向にありますが、接続は不安定になります。プロトコルを変更し、VPNサーバとの接続を切断してから再度接続することで通信速度が改善するか試すこともできます。Intego Privacy Protectionでは、OpenVPNWireGuardのいずれかを選べます。

設定を変更して、ご自身の環境に最適な設定を見つけてください。

 

ポート転送を有効にする

Intego Privacy ProtectionのようなVPNでポート転送を有効にすると、データがNATファイアウォールを回避するためインターネット通信、特にダウンロード速度が速くなることがあります。

ippfasterJP03.png

ポート転送を有効にする場合は、設定画面のネットワークにある「ポート転送をリクエストする」をチェックしてから、VPNサーバとの接続を一度切断して再度接続し直してください。

注意: ポート転送が有効だと正常にインターネットと通信できないソフトウェアやウェブサーバ、あるいはオンラインサービスも存在します。有効にして不具合が出る場合は、無効に戻してください。

この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント