Top

macOS VenturaにアップグレードするとVirusBarrierのリアルタイムスキャンがOFFになり、フルディスクアクセスが許可されない状態になる

注意: この記事ではスクリーンショットが英語ですが、Integoの現行製品は全て日本語化されおり、日本語のmacOSで正常に動作します。

お使いのmacOSをmacOS 13 Venturaにアップグレードすると、VirusBarrierのリアルタイムスキャンがOFFになっているとの警告が表示されることがあります。

これは、AppleのmacOS 13 VenturaアップグレードによってVirusBarrierのようなエンドポイントセキュリティ・アプリケーションに許可されていたフルディスクアクセスが無効化されてしまうことがあるためです。フルディスクアクセスが許可されていないと、VirusBarrierのリアルタイムスキャンは正常に動作しません。(注意: これは、macOS Venturaのバグと考えられますので、完全に解決するにはAppleによる今後のソフトウェアアップデートが必要となります。)

この問題に対応するには、次の手順でフルディスクアクセスのリストからVirusBarrierを除去してから再度登録する必要があります。これにより、再びフルディスクアクセスが正常に許可された状態になります。

 

FinderメニューあるいはDockからシステム設定を開く

Apps_Menu.pngDock.png

 

メニューの左に表示されたプライバシーとセキュリティを選択する

Privacy_and_Security_Main.png

メニューからフルディスクアクセスを選択する

Full_Disk_Access.png

リスト内のVirusBarrierをクリックして選択する

Select_VirusBarrier_.png

マイナス(-)ボタンをクリックしてフルディスクアクセスのリストからVirusBarrierを除去する

Remove_VirusBarrier_.png

VirusBarrierを開き、画面に表示された操作手順に従ってフルディスクアクセスを再度許可する

Open_VirusBarrier_.png

Ventura_FDA_Message.png

 

ターミナルと使って許可をリセットする

上記の手順を試しても改善しない場合は、許可をリセットすれば解決すると考えられます。注意: この方法を使うと、お使いのMac上のすべてのソフトウェアの許可がリセットされますので、再度すべてのソフトウェアを許可する必要があります。

ターミナルを開いたら次のコマンドを入力あるいはコピー&ペーストし、キーボードのreturn(enter)キーを押してコマンドを実行してください:

tccutil reset SystemPolicyAllFiles

コマンドが実行されたら、Macを再起動してお使いのVirusBarrierアプリケーションを開いてフルディスクアクセスを許可してください。

上記の手順でVirusBarrierにフルディスクアクセスが再度許可された状態になってもリアルタイムスキャンが有効にならない場合は、 サポートに連絡してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
15人中8人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント