Top

Intego Privacy Protection VPN(Premium VPN)が接続できない

注意: この記事のスクリーンキャプチャ画像は英語ですが、プログラムは日本語化されており日本語環境で正常に動作します。

 

macOSのバージョンをVenturaにアップデートしたら、Intego Privacy Protection VPN(Premium VPN)がサーバに接続しなくなることがあります。

VPn_connecting.png

この現象が起きるほとんどの場合、インストールされているIntego Privacy Protection VPN(Premium VPN)のバージョンがバージョン2.4など古いままになっています。macOS Venturaに公式対応するバージョンは、バージョン3.2以降となります。

最も簡単な対策は、古いバージョンをアンインストールして最新バージョンを再度インストールすることです

古いIntego Privacy Protection(Premium VPN)をアンインストールする
Intego Privacy Protection(Premium VPN)の最新版をインストールする

 

古いIntego Privacy Protection(Premium VPN)をアンインストールする

手順1: 切断する

まず、VPNサーバと接続していないことを確認し、接続している場合は切断してください。接続を切断するには、メニューバーのアプリケーションアイコンを右クリック(controlキーを押しながらクリック)して切断を選ぶか、アプリケーションメニュー内の電源ボタンをクリックします。

切断すると、下図のように電源ボタンが黄色く変わってVPNサーバから切断されたことがわかります。同時にアプリケーションアイコンに'X'が表示され、切断されていることが示されます。

IPP-Disconnect.png


手順2: 設定

メニューバーのアプリケーションアイコンを右クリック(controlキーを押しながらクリック)して開いたメニューから設定を選ぶか、下図のようにアプリケーションメニューの右上に表示された3個のドットが縦に並んだアイコンをクリックしてください。

IPP-Advanced.png


手順3: 設定を開く

下図のようなメニューから設定を選ぶと、設定ウインドウが開きます。

IPP-Advanced2.png


手順4: ヘルプ

下図のような設定ウインドウ内のヘルプタブをクリックしてください。

IPP-Help.png


手順5: アンインストール

ヘルプ画面のメインテナンスにあるIntego Privacy Protectionをアンインストールというリンクをクリックしてください。

IPP-Uninstall.png


手順6: 完了

アンインストール処理が完了する前に、macOSがアプリケーションのアンインストールを継続して良いか確認してきます。下図のようにパスワードの入力を促されますので、Intego Privacy ProtectionのパスワードではなくmacOSの管理者パスワードを入力し、Install Helperをクリックしてください。

IPP-UninstallHelper.png

 

 

Intego Privacy Protection(Premium VPN)の最新版をインストールする

アンインストールが完了したら、Macを再起動して次のリンクから最新版のIntego Privacy Protection(Premium VPN)のインストーラを入手してください。

Intego Privacy Protection VPN(Premium VPN)をダウンロードする

Intego Privacy Protectionをインストールする方法がよくわからない場合は、次の手順を参照ください:

手順1: ダウンロードする

まだ最新版のIntego Privacy Protectionのインストーラをダウンロードしていない場合は、次のリンクからダウンロードが可能です:

Intego Privacy Protection(Premium VPN)のダウンロード

Mac
Windows (64 bit)
Windows (32 bit)


手順2: インストーラを取り出す

Intego Privacy Protectionのインストーラをダウンロードしたら、ダウンロードされたファイル拡張子が.zipあるいは.exeのファイルをダブルクリックして展開してください。Intego Privacy Protectionのインストーラが取り出されます。

注意: デフォルトでは、ファイルはお使いのシステムのダウンロードフォルダに保存されています。ファイルがダウンロードフォルダにない場合は、お使いのウェブブラウザの設定でダウンロード先に指定しているフォルダを確認してください。

IPP-zip.png


手順3: インストーラを実行する

インストーラが取り出されたら、Intego Privacy Protection Installerをダブルクリックしてインストールを開始してください。

IPP-Installer.png


手順4: セキュリティの確認

macOSでは、下図のようなメッセージでインストーラがシステムに変更を加えて良いか確認されますので開くを選んでください。

IPP-Open.png


手順5: 管理者権限

上の手順4でmacOSにインストーラを実行する許可を与えると、下図のようなダイアログで管理者権限の有無を確認されますので、macOSの管理者パスワードを入力してOKをクリックしてください。

IPP-Helper.png


手順6: ログイン

アプリケーションのインストールが完了すると、アプリケーションが下図のようなクイックツアー/ログインウインドウを開きます。
IPP-QuickTour.png

ログインを選び、ライセンスを購入いただいた際に届いた電子メールに記載されているユーザ名とパスワードを使ってログイン情報を入力してください。ユーザ名は、例えばp1234567といった文字列です。ログインすると、アプリケーションはログイン情報をお使いのIntego Privacy Protection(Premium VPN)内に保存して記憶します。

IPP-Login.png

ログインすると、下図のようなデフォルト画面が開きます。この画面が、普段アプリケーションを使う際に操作する画面となります。下図の画面では、電源ボタンが黄色ですからVPNサーバには接続していないことを示します。

IPP-Yellow.png


手順7: 接続する

電源ボタンをクリックすると、VPNサーバに接続します — 接続が完了するまでしばらくかかることがありますが、そのままお待ちください。しばらく経っても接続できない場合は、何かしらエラーが表示されます。

IPP-Connecting.png

接続すると、電源ボタンは緑色に変わり、ウインドウ内にカモフラージュされたIPアドレスが表示されます。

IPP-Connected.png

注意: アプリケーションがアップデートしても、お使いのログイン情報は変更されません。ログイン情報がわからなくなってしまった場合は、サポートにご相談ください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント